2010年02月01日

【中医協】新型インフル流行時の療養病棟入院、出来高可能に(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月29日の総会で、新型インフルエンザが大流行して、療養病棟で患者を受け入れざるを得ない場合、一般病棟入院基本料の算定を認め、検査や投薬などの出来高算定を可能にする方向で一致した。また、ポリオや結核などの感染症に関する「二類感染症患者療養環境特別加算」について、鳥インフルエンザや新型インフルエンザに対応するため、来年度の診療報酬改定で陰圧室の環境整備を評価する「陰圧室加算」を新設することでも合意した。

 現行の「二類感染症患者療養環境特別加算」は、ポリオ、結核、ジフテリアなどの患者について、他者に感染させる恐れがあると保険医が認め、個室に入院した患者を算定対象とする「個室加算」(300点)のみ。厚生労働省がこの日の総会で示した改定案では、同加算を維持した上で、対象となる感染症に鳥インフルエンザと新型インフルエンザを加えた。さらに、陰圧室への入院患者を算定対象とした「陰圧室加算」を新設することが盛り込まれた。

 意見交換で同省保険局の佐藤敏信医療課長は、新型インフルエンザ患者の療養病棟入院に伴う出来高算定に関し、「恐らくは特別入院基本料の上に検査や投薬という形になると思う」との考えを示した。

■結核病棟入基料、在院日数要件を廃止へ

 改定案ではこのほか、「結核病棟入院基本料」と「特定機能病院入院基本料(結核病棟)」の平均在院日数の要件を廃止する方向性を示している。なお、点数の見直しは行わない。
 また、結核患者の減少に伴い、病棟単位での運営が困難になっているとの声もあるため、ユニットによる運営のルールを明確化する。「一般病棟と結核病棟を併せて1看護単位」としている現在の施設基準を見直す。「一般病棟」に該当するものとして、▽一般病棟入院基本料▽専門病院入院基本料▽特定機能病院入院基本料(一般病棟)▽障害者施設等入院基本料―のいずれかを算定する病棟を挙げている。


【関連記事】
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定
【中医協】DPC新係数、来年度の導入は6項目
【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設
【中医協】有床診入院基本料を再編成

亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」(読売新聞)
インプラント再使用疑惑の歯科、立ち入り検査(読売新聞)
<鳩山首相>施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
「学校の感度低い」=児童虐待死事件で−文科相(時事通信)
京浜東北209系引退で記念入場券16枚セット(読売新聞)
posted by カキザワ トミオ at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。