2010年01月21日

小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)

 小沢幹事長は17日、長崎市のホテルで開かれた党長崎県連主催のパーティーに出席し、同県知事選(2月4日告示、21日投開票)での党推薦候補を激励したが、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る事件にはほとんど触れなかった。

 パーティーには、知事選に立候補予定の元農林水産省室長、橋本剛氏(40)ら約2000人が出席。笑顔で登壇した小沢氏は、党の政策について熱弁を振るった。しかし、事件については「お騒がせしておりまして、大変恐縮しております」と手短に述べただけだった。

 高木義明・県連代表は「(事件が選挙に)影響無いと言えばうそになる」と述べ、次期参院選に立候補予定の犬塚直史参院議員(55)は「逆風になりつつある。予算審議もまともにできるか心配だ」と表情を曇らせた。

 一方、知事選で別候補の支援を予定している自民党長崎県連は、直後に市内の別のホテルで、小沢氏を糾弾する「県民の集い」を開き、真相究明を求める決議を採択した。

 事件を追及してきた税理士の西田昌司・自民党参院議員が経緯を説明し、「白昼堂々と政治資金規正法に違反して集めたカネで不動産を買っている。常識で考えられない」などと批判した。

<囲碁>関西棋院2人目の外国人女性棋士(毎日新聞)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
カラオケ代払わず逃げる 容疑の暴力団員逮捕 埼玉・行田(産経新聞)
伝統ウォームビズ「ねこ」で仕事=長野県〔地域〕(時事通信)
沈黙の民主・代議士会「今は発言しにくい」(読売新聞)
posted by カキザワ トミオ at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京・大手町 ドミノ方式で目指す国際化(産経新聞)

 「私は今、大手町(東京都千代田区)のとあるビルの警備に携わっていますが、最近は再開発の影響かビルを取り壊す工事が多々あります。大手町の未来図を教えてください」=東京都調布市の会社員、広瀬智満さん(47)

 わが国を代表するビジネス街・大手町。皇居・大手門の東に広がる東京ディズニーランドの5分の4の広さに40本以上のビルが立ち並び、銀行、商社、通信、報道機関など大企業の本社機能が集積する。

 千代田区によると、大手町1、2丁目の住民登録人口は「0人」。一方で昼間人口は約7万2千人。近年は外資系企業の進出も進み、西欧人ビジネスマンがアイリッシュパブに集まる風景も日常化した。

 悩みはビル群の老朽化。多くは昭和30〜40年代の高度経済成長期に建てられ、延べ床面積の6割は築35年以上。みずほ銀行大手町本部ビル(旧富士銀行本店)や東京サンケイビルなど単独で建て替えるケースもあるが、現在進んでいるのは、複数のビルを一括で建て替え、跡地に複数のビルが一括で移転してくるという全く新しい再開発方式「連鎖型再開発」だ。

 第1期として昨年、JA、日本経団連、日本経済新聞社の3つのビルが地区の北西にある国の合同庁舎跡地に移転した。第2期はこれら3つのビル跡地約1万4千平方メートルへ周辺の日本政策投資銀行、公庫ビル、新公庫ビル、三菱総研の4つのビルが移転し、平成24年9月の完成予定。第3期は4つのビルのうち3つのビル跡に別のビル群が移ってくることになっている。

 きっかけは12年に合同庁舎が移転したことだった。約1万3400平方メートルというまとまった空き地をどう活用するか−。知恵を絞った結果、出てきたのが“連鎖型”という画期的なアイデアだった。

 「大手町・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会」の中核会員で大手デベロッパー、三菱地所の服部創一広報部参事(40)は「単独で建て替えた場合、仮移転、本移転と引っ越しが2度必要で、そのたびに業務が止まってしまうし、コストもかさむ。連鎖型なら業務を止めることなく効率的に建て替えられる」とメリットを説明する。

 連鎖型再開発は、大手町で働くビジネスマンの間では「玉突き方式」「ドミノ方式」とも呼ばれる。「すでに建て替えの順番は決まっていて、最後は読売新聞社」といったうわさが流れているが、服部さんは「まだ決まっていません」。

 国内外の他都市でもモデルとなりそうな手法だが、同じ時期にそろって老朽化したビルがこれだけ密集している地域は、それほど多くはないという。

 大手町は今、平日、休日を問わず夜中も工事現場の照明が輝き、つち音が響いている。大手ゼネコン幹部によると、夜間人口がほとんどないため夜中も工事が可能で、工期を短縮できる分、安く請け負えるという。

 今回質問を寄せた広瀬さんは6年前から大手町のビルで警備員として働いている。「建設作業員の人たちは夜中まで大変だと思う。ビルが解体され上から低くなっていくと、隠れていた向こう側の建物が見えてくる。街の風景がどんどん変わっていく。10年後、20年後はどんな街になっているのだろう」と期待する。

 大手町の再開発を担う人たちが描くのは「国際金融センター」という未来図だ。4月に着工される連鎖型の第2期では「国際金融拠点機能の強化」を掲げ、あらゆる国のビジネスマンが安心して働けるよう、多国籍語に対応した医療サービス施設を整備する。

 また、みずほ銀行大手町本部ビル跡地に建設中の38階建てビル(平成26年完成予定)には、大手町初の外資系ホテルとしてシンガポールに本社がある「アマンリゾーツグループ」の高級ホテルが進出を決めた。

 服部さんは「大手町は金融や報道機関が集まる情報の街。東京の国際競争力を高めようという意識で取り組んでいる」。かつて米ニューヨーク、英ロンドンと並び称されたトーキョー。大手町の再開発は、国際的な地盤沈下が懸念される東京、ひいてはわが国経済の「再生」をも背負っている。

【関連記事】
不可解10億円分…「小沢氏名義」で億ション買いあさる
廃虚ホテル解体で安全祈願祭 宮崎・青島海岸
自然エネ×コージェネ活用 東京ガス、芝浦再開発で導入 実用化加速
二〇三〇年 ヒルズ、老朽化の先は…
街を丸ごとエネ管理、温室ガス15%削減 大阪・梅田北ヤード

<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見−最高裁(時事通信)
震災から15年 中3アンケート ほんの少しの偶然で、私は今、生きている(産経新聞)
<秋田県>減反未達成農家への罰則廃止 10年度から(毎日新聞)
<雪化粧>朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩(毎日新聞)
posted by カキザワ トミオ at 15:04| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小沢さん、厳しいねえ」反小沢陣営からは…(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる土地取引疑惑で15日夜、小沢氏の秘書を務めた石川知裕衆院議員が政治資金規正法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕されたが、小沢氏と距離を置く衆院議員は「小沢さんは、やっぱり厳しいねえ」との観測を示し、「特捜部もきちんと(小沢氏の疑惑を)解明したいんだろう」と指摘した。

 逆に小沢氏に近いベテラン議員は「石川氏だけということで(特捜部と)話がついたのでは。(小沢氏にまで捜査が及ぶような)そんなエネルギーは検察にはないよ。困りに困って石川氏の身柄をとったんだろう」と話しつつも、「しかし、小沢氏の側にいると、みんな傷がつくねえ」と漏らした。

【関連記事】
「逮捕なら議員辞職」民主党幹部が石川氏出頭でコメント
石川知裕議員の逮捕状請求へ 東京地検特捜部 
東京地検が石川議員を夜から異例の聴取、4億円不記載疑い
小沢氏土地疑惑 民主党は問題視せぬのか
石川議員、事務所に宿泊?…実は報道陣逃れ深夜に脱出 

直木賞は佐々木譲、白石一文の2氏=芥川賞は該当作なし(時事通信)
別の客とトラブル、殴られ大学生が死亡 大阪(産経新聞)
徳島でアニメの祭典(産経新聞)
センター試験 追試験、最多の961人 雪で遅れ、1万人影響(産経新聞)
最新29機種ドコモ携帯、個人情報流出の恐れ(読売新聞)
posted by カキザワ トミオ at 04:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。